円山動物園のマレーグマ達に会いに2018 その2

今年の円山訪問記、その2は、

屋外ハッピイちゃん・屋内ウメキチ編。

よろしければその1からご覧いただけると幸いです。

円山動物園 マレーグマ ハッピイ

ハッピイちゃん、変わらず元気そうで良かった。

出入口付近のハッピイちゃんと言えば、

去年のコレ↓ 左右にジャンプ!

を、また観たかったのですが、

円山動物園 マレーグマ ハッピイ

向かって左側の出入口の右の足場が小さくなってしまったようで。

それでも、

ここをガリガリ削ってできた木片を、

出入口のコンクリの上で、

麺棒のようにゴロゴロしている姿も観られました。

聞くところによると、屋内にいるウメキチとの交信手段だとか?

円山動物園 マレーグマ ハッピイ

ずんずん

反対側からも。

円山動物園 マレーグマ ハッピイ

足裏♡

年々すっきり体型になっていっているようなハッピイちゃん。

円山動物園 マレーグマ ハッピイ

超ラブリーな背中のタルタルはそのままに。

円山動物園 マレーグマ ハッピイ

緑の中のハッピイちゃん

アジアゾーンのマレーグマ舎も、オープンからもうすぐ6年。

鳥や雨によって種が運ばれ、天然の肥料は(省略)。

積もる月日とともに、自然のサイクルがここに育マレー。

円山動物園 マレーグマ ハッピイ

洗濯物オッケー♪

以前はこんな感じ↓

円山動物園 マレーグマ舎

2013年10月の写真

高く組マレーていた櫓の木も、

ガリガリできるおもちゃとなったようで。

個人的には、櫓に絡まる蔦が好きです。

円山動物園 マレーグマ ハッピイ

この辺り

さて、一年振りに訪れた熱帯雨林館。

円山動物園 熱帯雨林館

屋内に入ると、一番最初に目に入るこのイラスト。

円山動物園 マレーグマ舎

本人は櫓の上で爆睡中。

低い櫓を作ってもらったみたいですね。

それまでの経緯について等、

詳しくはこちらをどうぞ: ウメキチ|円山動物園ブログ

せっかく作ってもらった寝床の「床」の部分、

木が少なくなっているようですが、

本人がハマって爆睡しているのでそれでいいのでしょう。

噂の仰向け寝姿を観たかったのですが、

横向きに寝ていました。

屋内放飼場の片隅には。

円山動物園 マレーグマ舎

今年も愛が詰まった竹!

円山動物園 マレーグマ舎

似顔絵付き♡

さあこの竹がいったいどうなった? というのは、

次回その3で。

日曜日の朝、

出勤直後のウメキチのお食事姿を観ることができました。

円山動物園 マレーグマ舎

おいしそう♪

円山動物園 マレーグマ ウメキチ

いただクマ~♫

円山動物園 マレーグマ ウメキチ

味わいながらゆっくり食べるウメキチ

よろしければ動画もどうぞ。

その3に続きます。