のんほいパークのハッピイちゃんに会いに

タイトルの通り、

この度管理人は、

のんほいパークのハッピイちゃんに会いに行く機会に恵マレー。

今回は1回でまとめます。

梅雨入り発表直後。前日は大雨。

にも関わらず、

傘要らずの予報でほっとしましたが、

それ以上の青空と日差しにも恵マレー。

入口のクマのお方、久し振り。

のんほいパーク 正門

おはクマございますー!

正門は写真だけで通り過ぎ。

二川駅から徒歩25分位。マレーグマ舎に近い西門へ、開園時間前に到着。

のんほいパーク 西門

WAONでチケットを買いました。

管理人のWAONは、徳山動物園WAONです。

徳山WAONでのんほいのチケット購入。

ちょっと不思議な感じ。

SUICAは向かって左側の券売機で使えます。

9時開園、すぐにマレーグマ舎に向かうと…

のんほいパーク マレーグマ舎

立派な櫓だー!

のんほい公式Twitterで事前にお写真は拝見していたのですが。

本当に雰囲気がガラリと変わりましたね~。

もともとあった擬岩を基礎に、櫓が組マレー。

3層構造になってます。

公式Twitterでは「デッキ」と表現されていました。

マレーデッキ。

のいちの「マレー回廊」を思い出す。

それにしても、緑が多くなっていていいですね。

新しい水場も向かって右側に設置されていて、

ハッピイちゃんが水を飲む姿も2回観られました。

のんほいパーク マレーグマ舎

シンボルツリーはヤマモモ

懐かしい故郷の木だね、ハッピイちゃん。

のんほいパーク マレーグマ舎

よろしクマ~

のんほいパーク マレーグマ舎

ハッピイちゃんのプロフィール

という訳で、

お部屋出入り自由なハッピイちゃん。

出たり入ったりしてましたが、

お部屋に入ったきり姿が全く見えない、ということは、

ほとんどありませんでした。

午前中、2階部分まで登ったのを見たのが1回。

公開5日目のこの日。

もうだいぶ、放飼場のキワの方まで歩いていました。

のんほいパーク マレーグマ ハッピイ

お昼頃。

のんほいパーク マレーグマ ハッピイ

ZZZ…

ハッピイちゃんがお部屋でお昼寝している合間に、

管理人も休憩です。

西門の休憩コーナーで頂いた稲荷寿司。

のんほいパーク 西門 軽食

200円

パッケージの蓋を開けて撮れば良かった。

休憩ついでに、

晴れて暑くなってきたので、

サルデッキ近くのワゴンで買ったジェラートがめちゃくちゃ美味しい。

350円

そうそう、オープンしたてのゾウ舎へちょっと行ってみようと。

事前確認もしないまま、ふらふら歩いていたら、

唐突に目の前に現れたこの建物。

のんほいパーク ゾウ舎 ビューイングシェルター

これがビューイングシェルターか

どこかのテーマパークの一部のようなテイスト。

登れたので登ってみました。

のんほいパーク ゾウ舎

わーこれはすごい!

写真右、遠くに見える展望塔。

前の状態を思い出そうとしても、

目の前に広がる光景に圧倒されて出て来ない。

ビューイングシェルターの上は狭いので、それ程ゆっくりはできませんが、

登れただけで大満足。

さあマレーグマ舎に戻ろうと、池の周りを歩いていたら…

のんほいパーク ゾウ舎

わーゾウさん2人キター!

池からの景色・一体感と高低差を活用した、素晴らしいレイアウトですね。

広大過ぎて、写真で表現できないもどかしさ。

拙い言葉で敢えて感想を述べるとしたら…

まるで、日本じゃないみたい。

 

ゾウ舎でテンション上がりマレーグマ舎に戻ってきたら、

3階、マレーデッキまで登ってきていたハッピイちゃん。

さらにテンション上がる管理人。

のんほいパーク マレーグマ ハッピイ

ハッピイちゃん登ってる~!

木をガリガリして…

のんほいパーク マレーグマ ハッピイ

ZZZ…

ヤマモモの枝の下で、ちょっと休憩。

 

のんほいパーク マレーグマ ハッピイ

3階は気持ち良さそうだねハッピイちゃん

滞在中、

3階まで登ったのを観たのは2回。

その前後も何度か、下からヤマモモを見上げ、

気になっている様子に見えたので、

もう一回くらい登るかな? とも思ったのですが…

のんほいパーク マレーグマ ハッピイ

登ってくれてありがとうハッピイちゃん

何はともあれ、

櫓の上で寛ぐ様子も観られたハッピイちゃん。

新しい環境に慣れて来ているようで一安心。

のんほいパーク マレーグマ ハッピイ

櫓も、ヤマモモの木も、

次に行ったら、どんな感じになっているかな?

楽しみにしております。

また会える日まで、元気に楽しく過ごしてね、ハッピイちゃん。

以上でのんほい訪問記は終わりです。

最後までご覧頂きありがとうございました。