福岡のサニーくんとマチちゃんに会いに その1 ~潜入!地下ピット編

自動車でのルート検索をすると、福岡空港からは約8㎞。

市街地に近く、アクセスがいいのも魅力の一つ。

ちなみに羽田空港から上野動物園はおよそ25㎞。

鹿児島空港から平川動物公園までは55㎞程あるようで。

2013年4月以来のサニーくんに会いたくて。

管理人はこの度、福岡市動物園を訪れ、

サニーくんとマチちゃんに再会する機会に恵まれましたので、例によって3回に分けて訪問記を投稿します。

 

今回は都合により、空港から地下鉄で2駅の博多駅まで行き、そこからタクシーで。

博多駅から動物園までの料金は1470円。時間は15分程。

10時半には到着して、まず動物サポーター登録を兼ねた年間パスポートの手続きを。

用紙の「好きな動物」欄には迷わず大きな文字で「マレーグマ」と記入。

登録証を受け取り、マレーグマ舎へ急ぎます。

遠足のちびっ子たちで大賑わいの園内。

アジア熱帯渓谷エリアの一番奥まで上りの階段とスロープを小走りで。

 

辿り着いて放飼場を覗いてみると。

福岡市動物園 マレーグマ サニー

久し振り~♪

2年振りのサニーくんと再会!

そして…

福岡市動物園 マレーグマ サニー マチ

あら♡

マチちゃんが一緒に出ていました。

 

サニーくんはお休み中で、小さい方の放飼場にマチちゃんがいた前回訪問時。

入ることは出来たけど、実際にマレーグマを観察することはできなかった地下ピットへ。

福岡市動物園 マレーグマ放飼場 地下ピット

いざ!

階段を降り、腰を屈めて通路を進み、一番下まで降りると、放飼場の地面からは1.5m程の深さ。

サニーくんとマチちゃんを間近で、同じ目線で観ることができます。

福岡市動物園 マレーグマ マチ

歩くマチちゃん

向かって右側が寝室出入口。

福岡市動物園 マレーグマ サニー

サニーくん

この地下ピットの側面、一部ガラスの無い部分があって、

福岡市動物園 マレーグマ舎 地下ピット

ただ網と柵のみ

息遣いが感じられる程の大接近になる場合も。

下からガラス張りの天井を。

福岡市動物園 マレーグマ放飼場 地下ピット

見上げるとこんな感じ

お天気も最高に良かったので、本物の熱帯の森の中にいるようですね。

ここにサニーくんが座ったりすると、

福岡市動物園 マレーグマ舎 サニー

右側が鼻先です

いろんなところが下から覗けちゃいます。

翌日の朝には福岡オリジナルアイテムのコレ↓!

福岡市動物園 マレーグマ サニー

塩ビ管コロコロ

塩ビ管のおやつフィーダー。

福岡市動物園 マレーグマ サニー

くるっ!

回したり叩いたりしながら上手におやつを取って食べていました。

おやつが無くなると、あとは寝室出入口と地下ピット周りを行ったり来たり。

まったり日陰で休んだり。

管理人も2人の様子を観ながら、他の動物さんを観に行ったり、休憩したりしていたのですが、

2日間でたまたま1度だけ、マチちゃんが木に登る姿を観ることができました。

福岡市動物園 マレーグマ マチ

きれいに撮れなくてごめんね

福岡市動物園訪問記、その2へ続きます。

次はどこへ潜入?