円山ウメキチに会いに エピローグ

昨日の投稿の続きです。ウメキチの誕生日の次の次の日のお話。

竹をバラバラにした後のウメキチは、ちょっとまったり。

でもまた木に登ってくれました。例のパイナップルの葉を持って。

やっぱり好きなものは木の上に持っていきたいのかな。

雨が降り出します。ウメキチも顔を出します。

もしかしたら、ウメキチは木の上から飼育員さんの姿を発見したのかも。

この後に、飼育員さんから差し入れがありました。

ぶどう・りんご・オレンジ…メロン! 立派なまるごとメロン!

そして竹! 新しい竹登場!!

よかったねウメキチ! また竹だよ!

メロンと竹が投入されたのが15時頃。

16時半頃にはもうこの竹をバキバキし始めたウメキチでした。

円山ウメキチに会いにシリーズはここまで。

ウメキチは、見た目は大人っぽくなってきているけど、やっぱりウメキチでした。

予測不能な仕草と、じっとこちらを見つめる、好奇心旺盛な目。

地元の方々にもとても愛されているようでうれしく思います。

また何かの折に今回撮った写真を掲載します。 ご覧いただきありがとうございました。