上野動物園

上野は基本的に一頭ずつ交代での展示です。

交代の時には飼育員さんが放飼場のあちこちに、

果物や野菜などのおやつをセットしてくれます。

準備が出来たらマレーグマの登場です。

誰が出てくるか、楽しみに待っていてくださいね。

セットされたおやつ、全部見つけて食べることができるかな?

上野動物園 マレーグマ放飼場

ある日のおやつのセッティング

コツメカワウソ夫妻、ハクビシンと放飼場を共有しています。

放飼場にある4つの窓。

上野動物園 マレーグマ放飼場

ゾウさんの放飼場方面から歩いてきて、左に曲がると最初の窓

勝手に全部「マレーの舎窓」と呼んでいますが、

1番目と2番目の窓は、コツメさんを間近で良く観ることができる場所です。

上野動物園 マレーグマ放飼場

最初の窓からツキノワグマさん放飼場方面へ下ると2番目の窓

ここから写真の左方面に進むと

上野動物園 マレーグマ放飼場

3番目と4番目の窓

上からも下からもマレーグマを観ることができる、立体的な構造になっています。

アズマくん、キョウコさん、モモコさんのうち、誰が登場してきたかを見分けるには、

胸の太陽マークと爪、そして瞳をよく観察してみて下さい。

太陽マークが大きくて、黒い斑点がたくさん。

そして前足の爪が白いのがアズマくん。

太陽マークの斑点は目立たず、オレンジ色なのがキョウコさん。

首の辺りがタルタルしているのもキョウコさんの特徴です。

太陽マークに小さな黒い斑点がぽつぽつと、そして瞳が青いのがモモコさん。

モモコさんは全体的に毛足が長いのも特徴です。