リフォーム

Honey&Yogurt Facebookページでシェア致しました、

フジくんが登場するこちらの記事。

飼育ブログ / 熊本市動植物園

チャラララ~ン♪

なんということでしょう!

櫓上段の木枠も取り払い、大胆にお部屋すっきり!

ハンモックは、遊んだブイをお片付けする場所に♪

before の状態はこちら↓でしょうか?

熊本のフジくんに会いに – Honey&Yogurt Diary

マレーグマ ウメキチ

気合♪

部分開園直前のお忙しい時期だったかと思います。

お写真ありがとうございます。

今日の写真はお兄ちゃんのウメキチ。

(2015年10月撮影)

晴天祈願

マレーグマ フジ

ペロッ♪

生ハムみたいなフジくんの舌♡

熊本はいよいよ今週末、25日から部分開園がスタートですね。

フジくん達にはまだ会えませんが。

園からのお知らせ / 熊本市動植物園

 

 

 

お客さん達で賑わう園内の様子を想像するだけで、

胸が一杯になりますね。

良いお天気になりますように。

今日の写真はフジくん。

(2013年2月上旬撮影)

Happy 5th Birthday!

本日11月8日は、

熊本市動植物園にお住まいの、

フジくんのお誕生日です!

2011年生マレーのフジくん、

5歳になりました!

早いですね~。

本当に本当に、あっという間です。

今回は2015年7月下旬訪問時に撮ったままだった動画を。

画面右側が、スタッフの皆様の通用口になっていて、

出入りされるタイミングで左側の方に居たフジくん、

右側にやって来て、

スタッフさんが来られるんじゃないかと期待して立ち上がります。

長さは40秒程、音声無しの2倍速です。

 

特に何てこと無い…と、その時は思ってしまったので、

編集もしてなかったのですが。

強い陽射しと美味しい水の記憶が蘇ります。

その前、冬に初めて熊本市動植物園を訪れた時は、

ビュービュー北風が冷たかったっけ。

またいつかフジくんに会いに行ける日を、

楽しみに待っております。

今日は動画でフジくん。

おめでとう。

(2015年7月下旬撮影)

暑~い熊本から。

クマの皆様の、それぞれの「涼」レポート。

フジくんのことも、最後にちょっとだけ。

お写真、お待ちしておりますね~♪

飼育ブログ / 熊本市動植物園

マレーグマフジ(オス)は、プールの水につかることは少なく

サクラちゃんと同じ、

手で体にかけるタイプの水浴びなのかな~? と思ったら。

甲府市遊亀公園附属動物園 マレーグマ サクラ

甲府のお姉ちゃん

フジくんの場合は…、

なんというか、ばっしゃばっしゃとすごい勢いで

周囲に水を跳ね飛ばしている

もしかして、打ち水?

上野動物園 マレーグマ モモコ

それは新しい!

暑さが和らいで、

過ごしやすい季節が待ち遠しいです。

今日の写真はサクラちゃんとモモコさん。

(2016年8月撮影)

Happy 4th Birthday!

本日11月8日は、

熊本市動植物園にお住まいの、

フジくんのお誕生日です!

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

フジくんおめでとう!

2011年生マレーのフジくん。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

4歳になりました♪

これからも元気いっぱい、健康に過ごしてね。

また会える日を楽しみにしてます。

フジくんが上野を旅立ってからもうすぐ1年。

本当にあっという間です。

日本の動物園で暮らしている、お誕生日がわかるマレーグマの皆様の中で、

現在のところフジくんのお誕生日が年内最後です。

振り返ったりまとめたりするには、まだ少し早いような気もしますが、

午前0時を過ぎたら~♪ のお誕生日お祝い投稿は、また来年!

さて、来年イチバンは、どなたでしょう?

 

お誕生日のわかる方も、わからない方も。

どうかいつまでも元気でいて下さいね。

たくさんの素晴らしい出来事が、マレーグマの皆様に訪れますように。

今日の写真はフジくん。

(2015年7月撮影)

熊本のフジくんに会いに 2015夏 その2

熊本市動植物園訪問記、その1からの続きです。

前回はほぼクマ舎しか観ていなかったので、今回は園内をぐるりとしたかった。

とは言ってもあちこちの獣舎で足が止まって、

チンパンジー愛ランドや猛禽舎まで辿り着けず、植物園の方にも行っていない。

次の機会にきっと伺います。すみません。

 

お昼にレストランに向かう途中にはこのお方の背中が見えて。

くまモンティーカップ

ティーカップだモン♪

ちょっと乗ってみたくなりますね♪

 

そしてレストランの冷水器のお水がとってもおいしくて。

熊本市動植物園 レストラン

たくさんおかわりしちゃいました♡

熊本市の水道水は、

阿蘇の天然地下水

100%ミネラルウォーターです。

と書いてあります。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

フジくん(おしり側)

フジくんも飲んでるお水ですね。

 

お昼の後はゾウ舎まで行って。

熊本市動植物園 アフリカゾウ

マリーさんとエリさん

下江津湖を眺め。

熊本市動植物園内 下江津湖

ここでのんびりしたい♪

いろんな動物さん達に会って。

熊本市動植物園 ハマチャン

こんにちわ~♪

一つ一つプロフィールを読んだりしていると。

熊本市動植物園 ハマチャン

ハマチャンのプロフィール

時間はあっという間に過ぎて行く訳で。

そして今回必ず観たいと思っていたのがこちらのお方。

熊本市動植物園 キンシコウ

キンシコウ

このお顔がたまらない♡

ここからさらに進んでいけば、ツル・猛禽舎だったのに。

キンシコウ舎前で結構時間を費やしてしまいました。

マレーグマ舎に戻ります。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

フジくん、またね♪

檻越しのフジくん。

帰り際はこんな風に、外をうかがっているような仕草が多くなりました。

自分の方を観ている訳でも無いのに。

近くに来てくれてうれしいけど、ちょっと切ない感じ。

また来るからね、フジくん。

どうかまた会う日まで、元気でね。

 

次回は平川動物公園編です。

ご覧頂きありがとうございました。

熊本のフジくんに会いに 2015夏 その1

元々は、フジくんのお誕生日に行こうと目論んでいたりもしたのですが。

 

先週末、管理人は熊本市動物園を訪れ、

フジくんに会う機会に恵まれましたので、2回にわけて訪問記を投稿します。

 

熊本市動植物園は、2014年12月以来、2度目の訪問です。

前回は平川3daysの予定でいた所に、異動直後のフジくんが展示スタートという発表。

日程初日に鹿児島空港に着いてから九州新幹線で熊本に向かい、

滞在2時間程で鹿児島に戻るという多少強引なスケジュールでした。

2度目の今回は管理人、生まれて初めての熊本空港へ。

機内から見える阿蘇の大自然は、それはもう雄大で美しく、目に焼き付いています。

kumamoto-airport KUMAMON くまモン

熊本空港到着!

空港でもっと気の利いた写真を撮れば良かったのですが、早くフジくんに会いたい一心で。

まずはリムジンバスに乗車です。

阿蘇くまもと空港⇔熊本 空港リムジンバスのご案内 | 産交バスに乗ろう! | 産交バスポータルサイト

「県庁前」までこのバスで行き、後はタクシーというルートで行きました。

県庁前までは590円。所用時間25分程。

熊本県庁前

熊本県庁!…??

熊本県庁

本物はこちらの奥の建物

ここからタクシーで10分程、料金は980円。

熊本市動植物園 エントランス Kumamoto-City-Zoo

入場ゲートに到着

ここまで着けて頂けました。

旅行の大荷物があるので助かります。

前回訪問時に動物サポーターになっているので、会員証を提示して入園です。

コインロッカーに荷物を入れて、マレーグマ舎に辿り着くと。

熊本市動植物園 マレーグマ舎

フジくん、来たよ~♪

フジくんのお部屋、真ん中の櫓に消防ホースのハンモックが付いてました。

わかりにくいですが写真右上のブイの上には麻袋が架かっています。

熊本市動植物園 マレーグマ舎

右上のブイと麻袋

その左横にも消防ホースが下がっていました。

熊本市動植物園 マレーグマ舎

そしてこれが床の上のブイと丸太(手前はプールです)

写真右側の人間用の柵には、フジくんの足についての説明です。

post150729kumamotozoo6

猛暑日の真昼間。

夏休みの土曜日とはいえ、立ち止まってご覧になっていかれるお客さんの数は、それ程多くはなかったけど。

実際に皆さん、暖かく観ていって下さっているなあと感じました。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ  Fuji the sunbear

♪~

フジくん。

たまにこうやって外を覗き込むのは、スタッフさんの姿が目に入るからなのか。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ Fuji the sunbear

ブイ~♪

掲示を読まずに動き回っている姿を観れば、足のことはすぐには気が付かない、…かもしれない程。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ Fuji the sunbear

フジくんの、この目。

目の輝きや眼差し。

全然変わっていない。

ただ、たまにこんな風に、ゴロゴロしている時は、

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

「かゆい~、気になる~」…かな?

一見とってもカワイイんですけどね~。

フジくん、かいちゃダメ♪

あと体つきが全体的に、少しどっしり大きくなったようにも感じましたが、伺ってないのでわかりません。

その2に続きます。

竹フジ 持ち上げる編

ふと気づけば、2月がもうあと10日も無いなんて!

毎日があっという間で、「時間よ止マレー!」 と言いたくなりますね。

さて今日は木曜日。

先週の「ロープ編」に続いて、今回は2013年6月の竹フジ。

LET’S GO!

 

午前中はキョウコさんが当番だった日の午後。

この台の上で竹を見つけたフジくん。

マレーグマ フジ

あ、いいもの♪

中におやつが入っていたのかどうかはわかりません。

マレーグマ フジ

♪~

爪でガリガリするだけでは飽き足らず、

マレーグマ フジ

がっ

マレーグマ フジ

んが~

咥えて持ち上げたフジくん。

マレーグマ フジ

うひゃ~

仰向けになって竹を抱きかかえます。

マレーグマ フジ

くんくん

この後に台を降りて。

マレーグマ フジ

んがが~

マレーグマ フジ

のぞきこむ

マレーグマ フジ

楽しそうなフジくん

目が輝いています。

 

フジくんが暮らしている熊本市動植物園さんのブログに、

熊本のおいしい水のことが書かれていました。

2月17日付の記事です。

飼育ブログ / 熊本市動植物園

 

 

 

フジくんのお部屋にあった水場。

マレーグマ フジ

このお水も地下水かな

今日の写真はフジくん。

(2013年6月下旬上野、2014年12月熊本にて撮影)

2010年代

いよいよ明日は2月1日。

マレーグマに恵方巻の新名所・福岡市動物園は、節分イベントの初日!

天気予報も曇りのち晴れ。大丈夫そうですね。

男前サニーくん、マチちゃん、頑張ってね!

楽しい日になりますように。

福岡の地元メディアさんの、夕方や夜のニュースが待ち遠しい午後になりそうです。

さて、節分に食べる豆の風習から、半ば思い付きと勢いで始めた年齢確認シリーズも、ついに今日がラスト。

日本の動物園で会えるマレーグマ」と「親子兄弟姉妹」のページとは、また違った趣があるような、無いような。

余力があれば、いずれまとめてサイトの新しいページとして追加するかもしれません。

前置きが長くなりましたが、2010年代生まれのマレーグマの皆様です。

2010年代生まれのマレーグマの皆様

2010年代生まれ、あつマレー!

なんと2011年も2012年も、ダブルベビーマレーイヤー!

フジくんとハニイちゃんが3歳。

マーチンくんとノアちゃんが2歳。

管理人が日本全国マレーグマ巡りの旅を始めたのが2011年7月。

それ以降に生まれた皆様については、

赤ちゃん誕生という公式発表を目にした時の状況や、その時の自分の気持ちもはっきりと覚えています。

これからが本当に楽しみです。

以上でこのシリーズも終了です。

本サイトでは、生年月日等について、各園様の公式発表と、現地の個体プロフィールを元に作成しております。

不明な個体についての、より詳しい情報やご指摘などがありましたら、お気軽にお寄せ頂けると幸いです。

ご覧頂きありがとうございました。

熊本のフジくんに会いに

寒波到来。

日本全国のマレーグマの皆様、動物園の動物さん達、

どうか無事に過ごせますように。

さて、管理人は先日、熊本市動植物園を訪れ、

フジくんに再会する機会に恵まれました。

実は10月に既に手配していた、師走の鹿児島・平川動物公園への3日間の旅。

フジくん公開のお知らせを受け、ちょっとだけ熊本にも行ってみることにいたしました。

今回の訪問記は熊本編1回、平川編2回の、例によって全部で3回に分けて投稿します。

 

土曜日の12時30分頃に熊本市動植物園に到着した管理人。

まずはエントランスの事務室で動物サポーターの手続きを。

(熊本市動植物園の動物サポーター制度については公式サイトのこちらでご確認下さい。)

「好きな動物名」の欄にはもちろん「マレーグマ」と大きな文字で記入。

手続きを終え、地図を手にクマ舎へ急ぐ。

エントランスからまっすぐ歩いて、本当にすぐに右手に見えるクマ舎。

熊本市動植物園 マレーグマ舎

エントランスすぐ近くという抜群のロケーション

メイン通路に面していて日当たりもいいです。

熊本市動植物園 マレーグマ舎

黄色い文字は高さ(上が1.5M、下が1.0Mと書いてあります)

まだお客さんが集まっていなかったので、パノラマ撮影で。

間口の広さが伝わりますでしょうか。

熊本市動植物園 マレーグマ舎

10Mくらい?

お隣はエゾヒグマさん、そのお隣がウマグマさん、そしてツキノワグマさん。

横並びの長屋形式ではなく、四角形を分割した形です。

フジくんのお部屋は現在2頭いるツキノワさんのうちの1頭が今までお住まいだったところだそうで。

12時50分。

「東京から来たシャイな男の子。マレーグマのフジくんが間もなく登場します!」

というアナウンスが園内に流れました。

お部屋の中には、既に。

熊本市動植物園 マレーグマ舎

ミカンにバナナ、生のお芋がセットされていました。

愛情が滲み出る、丁寧に皮を剥かれたミカン。

さらにスタッフの皆様がリンゴと、美味しそうな大きな煮芋を櫓の上に置いてくれました。

オレンジのブイの中にはペレット。

上野の櫓の上にある枝木もありました。

上野にいた時とおんなじで、フジくん良かったね。

13時にフジくん登場。お客さん達も集まって来ていました。

ブイも両手両足使うあのスタイルでコロコロやって、

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

どう? 決まってる~?

櫓の上のおやつはちゃんと全部見つけて食べてたね。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

スタッフの皆様のお姿に反応

カワイイってたくさんのお客さん達に言ってもらってたね。

頑丈な檻はあるものの、

この至近距離で、しかもこのアングルで観るフジくんはかなり新鮮。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

お芋~♪

大きな煮芋は上の方でゆっくり召し上がっていました。

 

今回は動画も撮ってみました。

タイヤを引っ張る姿や、木片を齧るシーンなど、2分30秒弱の動画です。

熊本市動植物園 マレーグマ フジ

僕元気でやってるよ♪

ほんの2時間程の滞在でしたが、

フジくんの様子がわかってほっとしました。

スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

暖かい季節になった頃に、またゆっくり伺います。

(2014年12月撮影)